忍者ブログ
めざせ巨大ミドリフグ?盛岡市近辺のあれこれと・・・ミドリフグ飼育日記です。 毒?いいえ、まったりとした日常にひとつまみのスパイスをどうぞ♪
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
高松あひる
性別:
女性
自己紹介:
岩手県盛岡市在住
2004年、一匹のミドリフグに
魂を奪われ現在に至る
ど地味な外見に反して
どーやら口が悪い、らしい
しばしば
「お、また毒吐いた」と評される
ん~本人的にはせいぜい
軽めのスパイスなのだが・・・
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ずっしりとした豆大福
北海道産えんどう豆がゴロゴロ入っております



甘みの強い粒あんと、塩気の効いたえんどう豆とのコラボ
柔らかいお餅と歯ごたえのある豆の食感が絶妙である

きっと名のある和菓子屋さんの・・・ではありません

なんと、コンビニスウィーツ

「デイリーヤマザキ」のレジ横で樽に入って売られております
その名も「豆たっぷり豆大福」 ¥126

普通の大福よりも一回り大きく、ずっしりした大福はボリューム満点♪

手作り感満載だが、お店で作ってるわけではない

でもね、ヤマザキで通常販売してる大福とは全く別モノ!
これが、美味しい~♪
デイリー店舗限定で販売されている

ヤマザキ、あなどれんぞ~


PR
いつもお昼は弁当なワタシ
節約ってこともあるが、外食も毎日だと飽きるよね~

・・・な~んて、言ってみてぇ!
弁当だって、飽きるわぁ!

ってなわけでときどき弁当作りをサボる
夕食のカレーが売れすぎてコメがなくなったのをいいことに、
昨日はお弁当ナシ♪
期待にAカップもない胸を弾ませ、家を出る

さあて、今日のお昼はナニ食べよ
ラーメン?定食屋?それとも洋食いっちゃう?

などど言っても昼休みでも会社を抜けるわけにはいかんので
現実的には牛丼かコンビニ弁当かパン

そうだ、パンにしょう!
ん~と、この時間(朝7時台)にやってるパン屋といえば・・・
駅中のパン屋か梨木町の「ガロパン」かな

どっちも通勤途中にあって割とよく行くから、代り映えしないな
肴町の「ミッシェル」まで足を伸ばすか・・・
あ、そーいや福田パン、食ってないなあ



久々だぜい、福田パン本店

福田パン自体はスーパーでも売ってるんだけど
折角だから、店舗限定メニューにしよう

大量の選択肢の中から選んだものは

「オリジナル野菜サンド(ハムトッピングで)」
「粒あんバター」       



ぐへへ・・・

野菜たっぷり、野菜サンド (¥280)
具はキャベツ、トマト、玉ねぎ、ピーマン、スライスチーズ
トッピングのハム¥45ってのがかわいい
この辛子バターがいいんだよね

粒あんバター  (¥155)
定番だけど、「粒」なのは店舗限定なのだ

しかし、巨大コッペ2個一気食いはけっこうくるぜ
盛岡人のソウルフードとはいえ、アラフォーにはきついかも

なにはともあれ、ごちそーさま
久々の外食(?)でほっこりしたぜ

6月30日は夏越祓だ
水無月の祓ともいわれる
半年間溜まった罪穢れを清め無病息災を祈る、一年間の節目の行事だ

櫻山神社にも茅の輪が設けられていた
蘇民将来だもんね





せっかくだから・・・茅の輪潜りしなくちゃね

盛岡八幡宮では毎年ぶっとい茅の輪をお神輿にして練り歩くのだが
ここ櫻山神社の茅の輪はスタンダードなもの

でも、よく見ると



南部家の家紋「対い鶴」の切り紙

こういうのってなんか嬉しい

左・右・左と輪を潜って拝殿に進み、お参り

これで半年間のケガレがリセットされるなんて、楽ちんじゃの~♪
無精なワタシにはぴったりかも
あとは・・・水無月食べれば完璧かしら?


2日連続休日出勤・・・流石にくたびれた
もっとも、日曜は昼頃には帰ると家人と約束してたのでそそくさと帰宅
外に出ると、一気に夏の空
朝は曇っててちょっと肌寒いくらいだったのにね

それにつけても・・・おなかが空いたよ~
ってなわけでちょっと寄り道



上田の『美勝堂』
盛岡だんごの老舗(?)である

学生時代はちょいちょい寄ってたけど、かなり御無沙汰だ
仕事してると日中出歩くことができないからなあ

大抵のおだんごやさんって売り切れ御免で、閉まるの早いから
朝は開店前で帰りは閉店してるってパターン

名物はスタンダードな「しょうゆだんご」や「ゆべし」だけど
今日はずどーんとお腹にたまる大福の気分



粒あん三昧♪

ずっしり大福はたまらず高松神社の境内でぱくり
ん~ ほっとするね

よもぎの風味がしっかりしてる草もち
甘みの強い粒あんがはみ出んばかり(あ、出てるか)のどら焼き

君たちは、また後でね♪

日曜日
8時過ぎにオットが目覚めたのでムスメを託し、自転車でひとっ走り
目的地は岩手県立美術館
お目当てはコレ



日曜日ってこともあるのか、すごい混雑
開館前からずら~っと人が並んでる
伊藤若冲をはじめとした江戸絵画の企画展だからか、平均年齢はかなり高め
気合の入った皆様の日射病が心配である

幸い、前売り買ってたからさっさと入れたけど
チケットを買う人の列の長さよ・・・



若冲って人気あるんだなぁ・・・
なんて思いながら展示室に入る

入ってすぐに展示されていた、柳と鷺の屏風
びっくりした

余りに見事で思わず近づき、「ここまで」の白線を踏んでしまった
学芸員さん、びっくりさせてごめんなさい
まあ、普通こーゆーのってガラスケースの中だしね
破格の展示方法かも

触る気なんてもちろんないけど、ついまじまじと見過ぎてしまった

ワタシは芸術に全く詳しくないので画家の名前や作品名なんか知らない
恥ずかしながら、鈴木其一というその人のことは今回の展示で初めて知った
今回展示されていた作品の中で、一番素敵だと思ったのは彼の「青桐図」
正直、若冲より気に入ったかも・・・
いやあ・・・来てよかった♪

しかし、惜しむらくは人が多すぎてなかなかゆっくりできないこと

常設展示を見たり、外に出たりしながらちょこちょこ見直す



これは、企画展示室の外に置いてあるレプリカ
キャノンすげぇ

しかし、人は増える一方・・・正直げんなり
さすが日曜日だな~なんて思っていたら

プライスご夫妻登場!
サイン会が始まった



あやや・・・皆さん、これが目当てだったのか
どーりでお高い図録や本がばんばん売れてるわけだぁ・・・
なんてこったい、とんだ日に来てしまったもんだ

でも、せっかくだから(?)スペシャルトークイベントにも参加する
このためにきた!と、2時間以上前から並んでいた人もいたらしい

ちらっと行って隅っこに滑り込めたワタシはラッキーなほうだったらしく
立ち見客も出るほどの人気だ 
開演30分以上前だっちゅーのに・・・すげぇ気合いだ
ちなみに、ワタシの前のご婦人のお召し物
お着物は「葡萄図」帯は「虎図」の若冲尽し
すっげ~!



急遽セッティングされた別室でのライブモニター観覧も満席
そして始まったスペシャルトークイベント

「プライスコレクションにみる江戸絵画の楽しみ」

横から入る自然光で見るのが本来の江戸絵画である、というお話
日の傾きや月明り、ろうそくの灯でゆらぐ姿・・・

「美術館で日本画は天井からの一日8時間以上も光当てられて・・・
 ほんと、最低の状態で飾られてるんですよ
 最高のものを残した絵師の方たちに申し訳ないですよ」

悦子・プライス氏が語りまくるのにたじたじの聞き手・河野氏

「この人が話すと通訳だのなんだので時間かかりますからね」
・・・この夫婦、絶対尻に敷かれてるな

フランク・ロイド・ライトの話も出て、面白かった

充実した一日だったが・・・さて、ワタシは何時間美術館にいたのだろうか?

Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © ふぐの毒味 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]