忍者ブログ
めざせ巨大ミドリフグ?盛岡市近辺のあれこれと・・・ミドリフグ飼育日記です。 毒?いいえ、まったりとした日常にひとつまみのスパイスをどうぞ♪
[560] [559] [558] [557] [556] [555] [554] [553]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
高松あひる
性別:
女性
自己紹介:
岩手県盛岡市在住
2004年、一匹のミドリフグに
魂を奪われ現在に至る
ど地味な外見に反して
どーやら口が悪い、らしい
しばしば
「お、また毒吐いた」と評される
ん~本人的にはせいぜい
軽めのスパイスなのだが・・・
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっくらカメラを作ってきた



岩手県立美術館で開催中の企画展『生誕100年 植田正治のつくりかた』
関連のワークショップである

身近にある「○○」を使ってカメラを作り、現像~焼付体験ができるという

チラシを見て「面白そう!」とダメモトで応募してみたらまさかの当選
10:00~16:00の長丁場であるが、こりゃ行っとくしかないでしょ♪

さて、何が始まるやら

講師は植田氏のお孫さんにあたる増谷寛氏
本業はエンジニアであるが、暗室で遊んで大きくなったそーな
気さくな方である

 

身近な「○○」たち
余談であるが「○○」が当日までナイショだったのは「遊び心」を大切にするため

なんでも、以前抽象絵画のワークショップを開催した時に
「私はこんな絵を描きに来たんじゃないわ!」って途中で帰った人がいたそーな・・・

本格的(?)なカメラを作れると思われたらどうしよう?という美術館側の配慮らしい
「こんなおもちゃを作りに来たんじゃない」というマジメな方へのけん制だね
やれやれ・・・



中身はこんなんです

ルーペ付定規を切ってレンズにして100均タッパーを黒い紙で包んで・・・

 

でけた  命名「ガメラカメラ」

皆様きっちり全体をテープで包んで作っていたが、
なんたって雑な私は遮光できりゃいいやってスタンス
よりおもちゃっぽくしたくってテープでモザイク画を作って遊んでみた

暗室作業が多いから区別付きやすいようにね

外の景色が反転して映ってる♪



分かっちゃいても、なんか感動

カメラができたら印画紙セットして撮影タイム
2人一組で交互に撮影

ほんで、お楽しみの暗室作業じゃ



セーフティライトが点いて暗くなると私をなんだか小声になってしまう
生き物としての性なのだろうか

現像液の中で像がぶわ~っと浮かんでくる瞬間は・・・
ううう・・・すげぇ!
これは楽しいぜ

んで、出来たネガを密着反転させてポジを作る

出来た写真には全て満面の笑みのわしがいた
どんだけテンションあがってたんだろーか・・・

あっとゆーまに16:00
しかしその後、有志(?)で居残りしてなんだかんだで閉館まで

あ~面白かった♪



本日のベストショット也

皆様ありがとうございました





PR
この記事にコメントする
name
title
color
URL
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © ふぐの毒味 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]