忍者ブログ
めざせ巨大ミドリフグ?盛岡市近辺のあれこれと・・・ミドリフグ飼育日記です。 毒?いいえ、まったりとした日常にひとつまみのスパイスをどうぞ♪
[411] [410] [409] [408] [407] [406] [405] [404] [403] [402] [401]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
高松あひる
性別:
女性
自己紹介:
岩手県盛岡市在住
2004年、一匹のミドリフグに
魂を奪われ現在に至る
ど地味な外見に反して
どーやら口が悪い、らしい
しばしば
「お、また毒吐いた」と評される
ん~本人的にはせいぜい
軽めのスパイスなのだが・・・
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それは去る8月14日
ワタシの夏休み初日、よく晴れた朝のことでありました・・・

早々に家を出て実家に戻り、その足で海へ
三陸町、越喜来で海水浴

いやあ、あらかた10年ぶりくらい?海水浴なんて
るんるん気分でムスメの浮き輪を引っ張りながら沖へ出る
その僅か5分後

右足に激痛

薄茶色の紐のようなモノが太ももに絡みついている

げ!

「クラゲだぁ!逃げろ!」

慌ててムスメの浮き輪を陸に回転させて押し戻す
その余計な動きでより触手が絡まるが仕方がない
触手を払い落しながら陸に戻る

ムスメがオットに報告してる

オットと二人で残った触手を探して陸に揚げ、埋める
半透明のどろっとした紐の中に赤茶色の刺糸
本体はなく、触手のみ流されていたようだ

人心地ついたところで被害確認
太もも、熱をもって水ぶくれ

くそぉ・・・痛ぇ・・・
ホント、電撃食らったみたいだった
人生初でクラゲに刺されたぜ

後で調べてみたら、どーやら紐の正体は「アカクラゲ」

カツオノエボシやハブクラゲほどではないにせよ、その毒は結構強いらしい
ま、死ぬことはないらしいが
また、乾燥した刺糸が舞い上がり粘膜に入るとくしゃみを引き起こすので
別名「ハクションクラゲ」
・・・なんだか間抜けな名前である

オット曰く、この時期三陸には普通いないとのこと

「しかし、10数年ぶりの海水浴で海に入ってすぐクラゲに刺されるなんてね
 しかも、この時期の三陸でねぇ・・・
 あんだけ他に海水浴客いたのに、よりによってねぇ・・・
  どんだけの確率なんだか・・・ぷぷっ・・・」


・・・悪かったな
そんな大当たり、いらんわ




PR
この記事にコメントする
name
title
color
URL
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © ふぐの毒味 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]