忍者ブログ
めざせ巨大ミドリフグ?盛岡市近辺のあれこれと・・・ミドリフグ飼育日記です。 毒?いいえ、まったりとした日常にひとつまみのスパイスをどうぞ♪
[12] [11] [10] [9] [8] [6] [7] [5] [4] [3] [2]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
高松あひる
性別:
女性
自己紹介:
岩手県盛岡市在住
2004年、一匹のミドリフグに
魂を奪われ現在に至る
ど地味な外見に反して
どーやら口が悪い、らしい
しばしば
「お、また毒吐いた」と評される
ん~本人的にはせいぜい
軽めのスパイスなのだが・・・
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「このコ下さい!この、一番状態の悪いやつ」

3日もたなくてもいい
もはや終末医療、ホスピス感覚
・・・そんな出会いだった

しかし、そいつは隔離されて袋詰めにされ、
レジに持っていかれる間にみるみるその色を変えていった
黒ずんでいた体色が、黄緑色に輝き始めた
これって・・・
いじめられっ子が解放されちゃった喜びというやつか?

何はともあれ、自宅に連れ帰る
状態が悪かったこともあり、ゆっくり水合わせ
落ち着くのを待つ・・・

までもなく、そいつはいきなりエサをねだりにきやがった!

120716.jpg
 

+ + + + + + + + + +
これなら大丈夫だ
いじめられててエサが食べられなかっただけだったか
順調にエサを咀嚼する姿に安堵した

それでも落ち着くまで数時間水槽には近づかないようにし
環境に慣れるのを待つ


ふぐはすぐに慣れたようだった
体色も輝きを増し、へこんでいたお腹も数日するとふっくらとしてきた

わりと臆病で神経質だったふぐ様に比べ、非常に人懐っこい
人間の姿を見ると、水槽前面に出てきてアピールする
おねだりモード全開である

あの状態からここまで回復するとは、と同居人共々驚く

「正直、同じ個体とは思えないな」
「負けフグなのに、意外と図太いな」
「フグ嫌いの人間好きか」

魔の2週間を過ぎ、そろそろ名前をつけようかという話になる
「ん~、ガム!」 
全身の噛み痕を指さし、同居人が言う

「ひ、ひどいぞ!すだち、またはかぼす。柑橘系がいいな」 
とっさに黄緑色から連想した私
「うちに来たのが8月1日だったら迷わず『八朔』にするんだけどね」

「ええ~、はっさくなんてだめだよ!ふ・ぐ・さ・までしょ!」
娘のごり押しにより、大きくなったら「ふぐ様」襲名
10cm超えるまでは単に「ふぐ」と呼ぶことになった

きっと元気に育つだろう
そう思っていた
PR
この記事にコメントする
name
title
color
URL
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © ふぐの毒味 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]