忍者ブログ
めざせ巨大ミドリフグ?盛岡市近辺のあれこれと・・・ミドリフグ飼育日記です。 毒?いいえ、まったりとした日常にひとつまみのスパイスをどうぞ♪
[1] [2] [3] [4]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
高松あひる
性別:
女性
自己紹介:
岩手県盛岡市在住
2004年、一匹のミドリフグに
魂を奪われ現在に至る
ど地味な外見に反して
どーやら口が悪い、らしい
しばしば
「お、また毒吐いた」と評される
ん~本人的にはせいぜい
軽めのスパイスなのだが・・・
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我が名は蜜豆である

121126.jpg






















見ての通りのキャリコ琉金である
先代の更紗和金’Sが病に斃れた後に、この家の者に請われて参った

・・・が、待遇は正直良くない
エサは変わり映えしないし、住まいは36cmと狭い
家主は隣のミドリフグにかかりっきりである
待遇に差を感じるが、まあ同じ盛岡水族館育ちの誼
向こうのほうがこの家に来たのは早いのだし・・・
ここは先輩のミドリフグを立ててやろう


不穏な噂を聞いた
なんでも、先代の金魚らと60cm水槽で同居していた水草を枯らすに忍びなく
新たに金魚を飼うことになったと

水草以下ですか~!

しかし、我は諦めぬぞ

121126a.jpg





























まずはさりげなく視界に入り

121126b.jpg





























相手の視線をとらえるのだ!

これぞ武士道?
PR
琉金・蜜豆である
ふぐに比べていささか影が薄いのだが
最近、地味~にいい味を出している
121030a.jpg

流し目してみたり

121030b.jpg

目標捕捉
ターゲット・ロックオン!

121030c.jpg

がばぁ~!
 
距離感が狭まったというか、ちょっとのびのびしてきた
単にずうずうしくなったともいうが・・・
心を許してきたのだよね?
 
121030.jpg
 
ちょっと、こっちには?

先住者のせいかしら?
 
長らく不調だった金魚用エアポンプがとうとう天寿を全うした
しばらく前から吐出量が減っていたからな・・・
がんばっても気休め的な泡しかでていなかった

120904.jpg
 

異音を発しコト切れたエアマックスに代わり、同居人が新しいエアポンプを購入してくれた
近所のホームセンターには2種類しかなく、安いほうにしたそうな
金魚用だもん、問題ないでしょ

GEX e-AIR1000SB 水深36cm以下小型水槽用

さっそく設置してみると・・・
 
ぶわぁ~!!
 
120904b.jpg
 
吐出量ハンパねえ!
ビビって逃げる蜜豆の図

これは流量調整ができない機種
少しでも水深のあるふぐ水槽に入れてみたものの、泡の勢いは変わらない
塩ダレもハンパねぇ・・・
ってことで、かわいそうだが金魚水槽用に戻すことに

すまん。早く慣れてくれよ、蜜豆・・・

 
120904a.jpg

この泡けっこうイイかも~

 
10分足らずでもう慣れたか
それはアナタ、スパ的な感じですか?
琉金「蜜豆」は臆病である
もう一匹金魚を追加しようかな、と思ったものの
相性もあるし、なかなか踏み切れない

少しでもストレス解消になれば、と底砂を導入することにした
今までは管理のしやすさからベアタンクにしていたのだ

さて、底砂は何にしよう

五色砂の中粒くらいが管理は楽なのだが
黒い水槽底面に慣れてきた蜜豆が
明るい底砂をみてどう出るか
なるべく黒っぽいものがいい、となると大磯砂か

・・・などと考えながら近所のホームセンターに行ってみる

ありゃ~

五色砂も大磯砂も小袋が売り切れてる!
5kgからかよ
ほんとにさら~と敷くだけなので1kgもあれば十分なのだ
水草植えるわけでもないし ヘドロ化が怖いしね

まあ、余ったら娘の砂場に撒くか、と思っていたところに
おしゃれ小型水槽用の底砂コーナー
白やピンクの珪砂が中心のようだが、お手頃サイズ
よいではないか

しかし、肝心の金魚用のものは・・・売り切れ
まあ、お盆で仕入れも大変だろうし
やっぱり夏は金魚なのだね

結局、全体的にかわいらしいそのコーナーで異彩を放つ黒い砂
「ファントムブラック」 購入
オペラ座の怪人好きな私はファントムというだけで贔屓してしまう
さて、どれだけ黒いのか・・・・・水槽に入れるとこんな感じ

120817.jpg
 

1kgで36cm水槽全体をさらっと覆うくらい
全体に角ばった細目の砂だ
大磯砂に比べると、確かに黒い 
ところどころ白い長石や金色のパイライトがアクセントになっている

蜜豆は思ったより落ち着いている 意外
さっそく砂を口に含んで吐き出しはじめた

120817a.jpg


とりあえず気に入ったようだ
なにより
120807.jpg
 
久々の金魚ネタだ
琉金の「蜜豆」はカメラ嫌い
無理に追っかけまわすのもちょっとね・・・
だからなかなか写真が撮れない

以前飼っていた金魚達に比べ、蜜豆は神経質
水槽が狭いのと単独飼いのせいだろう

一応こちらの顔は覚えているようだが、複数の人に覗き込まれるのが嫌なようだ
特に娘が苦手なようで、しゅぱぱっと水槽を泳ぎまわり水草の陰に隠れる
落ちつかな気にエサを食べる姿は不憫でもある
まあ、ゆっくり顔を覚えてもらおう

120807a.jpg
 
上見もいいよね
涼しげで

こうやって見ると蜜豆、錦鯉っぽいな
琉金の割に体高があまりないし
まあ、そういうフナっぽいところが気に入ったんだけどね

 
120807b.jpg

そんなことよりごーはーん!
 
はいはい
君は相変わらずの早食いだね

あまり落ち着かないようなら、もう一匹入れたほうがいいか
・・・などど思ってしまう今日頃ごろ
相性もあるだろうから即断はできないけどね
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © ふぐの毒味 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]