忍者ブログ
めざせ巨大ミドリフグ?盛岡市近辺のあれこれと・・・ミドリフグ飼育日記です。 毒?いいえ、まったりとした日常にひとつまみのスパイスをどうぞ♪
[199] [198] [197] [196] [195] [194] [193] [192] [191] [190] [189]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
高松あひる
性別:
女性
自己紹介:
岩手県盛岡市在住
2004年、一匹のミドリフグに
魂を奪われ現在に至る
ど地味な外見に反して
どーやら口が悪い、らしい
しばしば
「お、また毒吐いた」と評される
ん~本人的にはせいぜい
軽めのスパイスなのだが・・・
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者アナライズ
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はワタシにとってちょいと特別な日だ
父の命日なのである
なんだかんだでもう10年前のコトだけど

父は若いころ結核に罹り、片肺摘出
尚且つ輸血で肝炎になり、20代を病院で過ごすこととなった
その後小さな会社を興したが、仕事よりお上にたてつくのに力を入れていた

障害者ではあるが、もともとの体力はかなりあったのだろう
意地っ張りでへそ曲がり 苛烈な人でもあった
いつもひなたぼっこしてる年寄り猫みたいな顔してたけどね

「俺は子どもの頃松本清張の家に米を運んだんだぞ」と自慢げに言い
「おならをかければ大きくなるのだ」と訳の分らんことを言いながら屁をこき
カラオケではゼイゼイいいながら「昴」を歌う

しぶといから、絶対長患いすると思ってたのにね
チューブやら点滴やらにつながれてさ

入院する前の最後の旅行だ、と母と二人で出かけた熊本の温泉

父は湯から出てこなかった

もう入院はこりごりだったのか




猫背でひょこひょこ歩く姿がなくなった1年後
1月18日 一匹のミドリフグを飼い始めた

それがはじまり

PR
この記事にコメントする
name
title
color
URL
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Powered by ニンジャブログ Designed by 穂高
Copyright © ふぐの毒味 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]